派遣型と店舗型の風俗ではサービスに違いはあるの?

現在巷に存在している風俗店は、派遣型と店舗型に大別する事が出来ます。
派遣型の方は、デリヘルやホテヘル等が主流になっており、店舗型はピンサロやソープ等(オナクラ、手コキ専門店、アナル専門店等)非常に多様な業種が存在しています。
いずれの風俗店を利用するにしても、基本的にほぼ同じサービスを受けられる様になっているので、どちらを選択したとしてもさほど違いがないのが実情になっています。
しかし、料金に関しては派遣型の風俗の方がやや高額になります。
何故ならば、派遣型の風俗は女の子を指定の場所に派遣する為に交通費が必要になるからです。
しかも、派遣先がホテルの場合ホテル代も必要になるので、更に利用時の料金が必要になるのです。
しかし、こういった料金に関しては、店舗に出かける為の手間、もしくは電車代・タクシー代などの交通費が必要になることを考えれば、それほど料金的な損失は感じないと言えます。
また、ホテル代に関しても同様で、よほど店舗型の風俗店の内装が凝っていない限り、ホテルに呼ぶほうが雰囲気がある中でプレイが出来るメリットがあると言えます。
特に、自宅で派遣型風俗を利用する場合、ホテル代が不要な上、出かける手間も省け落ち着いた中でサービスを受けられるので、気軽に利用できるメリットがあるでしょう。
しかし、昨今の派遣型風俗の場合、女の子によっては自宅派遣NGといった例も多々あるので、利用時にはお店に確認しておく方が良いでしょう。
さて、先程利用料金について触れましたが、基本的に時間単価に違いはありませんが、提示されている料金は店舗型の風俗店の方が安上がりになっています。
例えば、ピンサロ店は概ね30分7000円等10000円を切る料金で遊ぶことが可能です。ですが店舗型の風俗で本番をすることは不可能です。
前述の通り、どの形態の風俗店に関しても、サービスに大きな違いはありませんから、安く、そして直ぐにサービスを受けたいのであれば、店舗型の方がお勧めできます。
また、店舗型の風俗店は、業種が多様で様々な需要に応えうる可能性があるので、何らかの拘りがあるのならば店舗型の風俗店の方が良いでしょう。
特に、ローションや道具等を用いたサービスを受けたい場合は、店舗型の風俗店に軍配が挙がります。
とは言え、現在の風俗市場を鑑みてみると、店舗数・女の子の在籍数は派遣型の風俗店のほうが多いので、女の子の質に重きを置く人はそういったお店で遊ぶ方が満足度が高いでしょう。
つまる所、派遣型と店舗型にサービスの大きな違いはないのですから、ケースバイケースで利用を検討するのが最も賢い選択だと言えます。

関連記事: